幼児教育と英語

幼児教育と英語

幼児のうちから英会話を学ばせたいパパ・ママが増えているようです。実は英語の喋れないパパ・ママが多かったりして・・・

 

まだ日本語もおぼつかない子供は、耳が日本語むけに固まっていないので、英語の発音を吸収しやすいようです。おとなになってから英語を学んでも、RとLの発音の違いがわからなかったりするんですね。ネイティブの外国人先生がいる、英語オンリーの保育園などに通う子供たちの話す英語は、外人そのものです。勉強している感覚はなく、自然に覚えているのですね。外国の言葉だなんて思ってなくて、ここにきたら、このことば、くらいのように思っているのでしょう。中学校から学び始める子どもとはスタートが違いますので、英語の勉強の点では断然有利です。

 

しかし、海外で活躍する、ある日本人ビジネスマンの意見を聞くと、発音の流暢さはそんなに大した問題でもなく、英語は単にコミニュケーションのツールにすぎないから、慌てなくてもいいということでした。それよりも、ちゃんと自分の考えを伝えられるか、それ以前に自分の考えがあるか、日本人として尊敬されるか、そういう事のほうがだいじ。英語を学ぶのはいいが、外国人先生からばかり学んでいると、考え方が外人になってしまうかもしれないという危惧を抱いておりました。

 

それもそうです。アメリカに行けば、だれでも英語をしゃべっているんですから、喋れることがえらいことにはならないんですね。子供の個性や、日本人として国際的に通用する人間になるには、もっと幅広い学びが必要です。おもいやりや感謝など、もっと人間として基本的なところは、親からの影響が一番大きいでしょう。まずは親の人間力を高めることが大切なのかもしれません。

 

>>>個性と人間力を高める幼児教室はこちら