児童手当を教育費にしよう

児童手当を教育費にしよう

教育にはお金をかけたいという親御さんが増えています。しかし、アベノミクスの恩恵を受けている富裕層はまだまだ一部ということで、一般家庭では教育費を掛けたくても余裕がありません。最近増えている幼児教室は、児童手当の範囲で通える料金設定になっているところが多いです。むりなく、子どもの教育にお金をかけることができますね。

 

児童手当とは

児童手当制度は、子供を健全に育てるために支給されます。子供が生まれると何かと費用がかかりますので、ありがたい制度ですね。自分で申請しないと受給できませんので、子供が生まれたら早急に市区町村に認定請求書を提出しましょう。

 

児童手当の金額

3歳未満は、月額1万5千円、3歳以上小学校修了前(第1子・第2子)は月額1万円、第3子以降は月額1万5千円の受給できます。
中学生は月額1万円です。中学3年生まで受給できます。
所得制限があり、所得制限限度額以上の方は子供の年齢は関係なく、5,000円になります。

 

児童手当の支給日

児童手当は年3回、2月・6月・10月に支給されます。3ヶ月分まとめてです。

 

児童手当の所得制限

所得が一定額以上である場合、児童1人あたりの手当月額は5,000円になります。支給はなくてもやっていけるということですね。
夫婦と児童1人の世帯の所得制限は年収が917万8000円以上。児童二人の世帯だと年収960万以上が対象になります。

 

児童手当 いつまで

中学3年生まで受給できます。